営業部 夏目 江里子

営業部

夏目 江里子[2008年入社]Eriko Natsume

入社理由

たった1日で、
「知らない会社」から「素敵な会社」に。

私が入社を決めたのは、合同説明会に参加したことがキッカケでした。説明会では地元企業の話を中心に聞いていたのですが、中には尻込みするような対応の企業もありました。そのような中で、共栄社は会社について丁寧にわかりやすく説明してくれるなど、とても良い印象を受けました。名前はもちろん業種も知らない会社でしたが、ここで働きたいと思えました。

現在の仕事

事務として、
営業や代理店を的確にサポート。

電話応対を中心に、売上管理や顧客データ管理、製品の受注・出荷手配、さらにはお客様への案内文の発送と、幅広く担当しています。お客様からのお問い合わせも多く、担当営業やパートナーである代理店が対応できない場合は総合窓口として代わりに対応することもあります。どのような状況でも気持ちの良い応対をするのが、私のこだわり。お客様に名前を覚えていただけたり、パートナー企業の方が顔を見に来てくださったりすると、とても嬉しく感じます。

この仕事の面白さ

同僚や取引先をはじめ、
多くの方から頼りにされる存在になれること。

例えば、すぐに連絡がつかない担当営業の代わりに資料を用意したり、お客様からの急ぎの問合せに対して、在庫状況や納品可能日を回答したりする際は、バタバタすることもありますが、「助かったよ、ありがとう」とねぎらいの声をいただくと、思わず笑顔がこぼれます。仕事を始めた頃は右も左もわからない状態だったので、関係する方々から頼ってもらえることがすごく嬉しいのです。

夢・目標

もっと仕事がしやすい環境を目指して、
業務の効率化を進めていきたい。

紙媒体を使って資料作成するなど、まだまだアナログな作業が多いのが現状です。そのような中で今後、システムの改善や業務フローの見直しに取り組んでいきたいと考えています。この取り組みは私たちだけでなく、会社全体の環境改善策となるはず。共栄社には提案制度があるので、それらを活用しながら業務効率化を推進していくのが目標です。

共栄社の魅力

職種に関係なく、
助け合いながら仕事ができるところが好き。

入社してから8年。ここまで長く働き続けてこられたのは、先輩や営業部のみなさんのおかげだと思います。お互いにコミュニケーションをとりながら仕事ができますし、気配りもしてくれる。私も笑顔で思いやりのある応対を心がけています。また、部署が変わっても交流が続くなど、みんな仲良しです。仕事終わりに食事へ行くことも多いです。